許可制度下の処分業|混合廃棄物を徹底解析|買う人の義務は知ること
メンズ

混合廃棄物を徹底解析|買う人の義務は知ること

このエントリーをはてなブックマークに追加

許可制度下の処分業

ウーマン

許可制度

産業廃棄物とは、廃棄物処理法第2条第4項で定義がされており、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、廃油等をいいます。産業廃棄物処理とは、この産業廃棄物を処理することであり産業廃棄物の収集運搬業と産業廃棄物の処理業があります。これらの事業を営むためには、廃棄物処理法の規定により都道府県又は市町村の許可を得る必要があります。許可を得るためには、廃棄物処理法や同法の委任を受けた省令等で規定している許可基準を満たす必要があり、たとえば産業廃棄物処理の主となる処分業については汚泥を処分する場合は、当該汚泥の処分に適する脱水施設、乾燥施設、焼却施設その他の処理施設を有すること等のハード面の条件と産業廃棄物処理を適切に行う知識及び技能という申請者の能力面での要件があります。

処分業の特質

このような参入要件が高めに設定されている産業廃棄物処理に係る許可制度の下では、事業者は限定されてきます。また、新規参入もなかなか難しい上、迷惑施設である点での地域住民の反発も考慮してなかなか許可を出しにくい実情があります。このように事業者が限定されてきます。その上、たとえば建設現場では様々な廃材が出ますが、再資源化が可能なものが多いです。鉄、銅、アルミ等処分業者が処分費を回収した上で再資源化する等して売却して利益を上げることが可能となります。お金をもらって集めたごみを資源に変えてお金に換えるという事業形態が可能であるため利益が出しやすく、しかも事業者が限定されるため競争がそこまで激しくならない、しかも公共事業等で建設工事は一定程度は継続するとなると安定経営のできる業界であるということができるでしょう。また、社会から見ても資源の再資源化で天然資源の浪費を防ぐという社会的な価値を担っている業界ということをわすれてはいけないでしょう。